〒885-0079 宮崎県都城市牟田町4-1
  お気軽にお問い合わせください。
0986-24-1082
FAX 0986-23-2229






 
「健康な鶏を育てることが、健康な卵をつくる」という理念のもと、当農園では鶏の健康を第一に考えた飼料と飼育方法を追求してきました。穀類、魚粉、大豆 粕などの植物性タンパク質を配合した飼料に、乳酸菌、枯草菌、酵母のプロバイオティクス(有用菌)を添加。「きみ恋卵」は、この飼料を食べた健康な鶏から 産まれます。プロバイオティクスの働きで腸内細菌の整った鶏は、有効成分を能率良く吸収し、黄身へ移行します。「きみ恋卵」は卵黄に含まれるレシチンが一般的な卵に比べて多いというデータもあります。レシチンには細胞を健やかに保ち、血管の壁をきれいにする効果があるといわれています。

プロバイオティクス(有用菌)が配合された飼料
一般卵に比べてレシチンを多く含みます。




近年、日本で流通する鶏卵の多くが、「ウインドレス式鶏舎」(窓をなくして、光や空気を管理し、換気のために換気扇などで機械的に環境を調整した鶏舎)で 飼育されているなか、当農園では鶏ができるだけ自然に近い状態で過ごせるように、窓から外の空気を取り込む「開放型鶏舎」にこだわって飼育しています。開放型の鶏舎で鶏たちは人間と同じく自然の空気にふれ、太陽の光を浴びながら育ちます。多少の暑さ寒さも生き物の生命力を高めるうえで必要と考えます。天井 が高く、換気のよい高床式なので、鶏舎内の臭いが少ないのも特徴です。

開放式の鶏舎。上部の窓から空気を取り込みます。
トサカがピンとして赤いのは健康な鶏の証です。




「きみ恋卵」を割って皿に盛ると白身が広がらず、一箇所で盛り上がり、黄身をしっかり支えます。黄身は箸でつまみあげても破れません。これは健康な鶏の卵 だからこそできることです。そしてなにより味が良い。いわゆる「卵臭さ」がなく、味は濃くまろやかです。まずはシンプルに卵かけご飯やゆで卵で召し上がってください。また「きみ恋卵」でスポンジケーキを作ると、ふくらみが非常によいと評判です。

弾力のある黄身は箸でつまんでも破れません。 まずは卵かけご飯やゆで卵で召し上がってください!





〒885-0079 宮崎県都城市牟田町4-1 TEL 0986-24-1082 FAX 0986- 23-2229
Copyright © 2016 kawanakanouen. All Rights Reserved.